教材内容 スピードラーニング英語の第11回

スピードラーニング英語第11巻「PEOPLE'S ROLES(人々の役割)」は、日本とアメリカの家族の役割の違いを、登場人物の英会話で学べる教材です。

「PEOPLE'S ROLES(人々の役割)」に自分の役割を重ねて・・・

スピードラーニング英語第11巻の表紙は、犬2匹を散歩させている女性の写真と赤ちゃんを抱っこしている女性の写真です。

スピードラーニング英語教材CD第11巻

教材で何度かベビーシッターの話が出てきました。別の巻だと夜に夫婦で外出するときにもベビーシッターに頼む、といった感じ。

日本ではなじみがないので興味深かったです。

内容-テキストとCD2枚ともっとEnglish

スピードラーニング英語教材CD第11巻

内容はテキストとCD2枚ともっとEnglish。第11巻の目次は以下の通りです。

  1. WIVES' ROLES(妻の役割)
  2. HUSBAND'S ROLES(夫の役割)
  3. A PARENT'S ROLE(親の役割)
  4. GRANDPARENTS' AND GRANDCHILDREN'S ROLES(祖父母と孫の役割)

I need a break(息抜きが必要)

WIVES' ROLES(妻の役割)、HUSBAND'S ROLES(夫の役割)という章では、アメリカでも妻は家のことをすべきであるという時代があったこと、いまでは夫が二日に一度は食事作りを分担していることなどが語られます。

印象的だった会話はGeorgeとToshioの夫同士の会話です。

George
「Kathy is going out,and I promised her I'd stay home with the kids.」

Toshio
「What?! You're letting your wife go out without you?」

ジョージは妻・キャシーが外出するので、子供たちと家にいると約束したと言っています。これに対し、俊夫が「ええ!君と一緒じゃなくても、奥さんを外に出すの?」と返事をしました。

面白い。日本語でこの言い方はかなりキツイ言い方ですよね。

「let~ー(~にーさせる)」という表現を強烈に印象付けてくれたフレーズでした。

でもキャシーは「I need a break!」私にだって息抜きだとジョージに言ってるんですね。子供たちと離れて過ごす時間も大事です。

これに対して俊夫が「My wife never complains like that.」とリアクション。complainsって何ー!!文句じゃないのにー!と毎回突っ込んでしまうポイント。

スピードラーニング英語の教材は英会話形式で収録されています。だから英会話の片方の当事者になった気持ちで思わず英語で返事をしたり、傍観者のつもりで英会話に聞き耳を立ててみたり。

生活で遭遇しそうな英会話がCDから聞こえてくる身近さが、実際の英会話の場面でも役立っていると感じます。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD