英単語の丸暗記とスピードラーニング英語

丸暗記を推奨しないスピードラーニング英語の英会話学習ですが、私の実感としては丸暗記もまんざらではないかな、と思っています。

教材は暗記せず、聞き流し英語と記憶がつながるに任せる

最近、高校時代に丸暗記した英単語が聞き流しEnglishとつながる瞬間があることに気づきました。

教材の聞き流しはリラックスして記憶しようとしない

「記憶は強制を嫌う」というように、無理に覚えても実用的でない=英会話でスラスラでてこないと思います。スピードラーニング英語の学習方法で、記憶しようとしないでくださいとアドバイスされるのもそういった理由からだと理解しています。

そこで私もスピードラーニング英語の教材を聞き流すときは、「覚えよう」「覚えなきゃ」などと思わないようにしています。リズムに任せてぐちゃぐちゃの英語っぽい音を真似しているだけのことが多いです。

英単語の丸暗記だって役にたった

でも、教材を聞き流していると「あ、この単語高校時代に覚えたやつだ!」と過去の丸暗記が役に立つこともあります。

日本の文法や暗記中心の英語学習は批判されがちですが、私は中学校時代に徹底的に学んだ受験英語がいまでも役立っているし、高校時代のホームステイでは丸暗記したnot only but alsoなどの英熟語がそのまま役だった経験もあります。だから日本の英語学習も良いところがあると思っています。

暗記するなら前向きな気持ちでやろう

私は一日でも早く英会話力やTOEICの点数をあげたいと、今、強く思っています。

そうしたときに、昔の丸暗記英単語がスピードラーニング英語とシンクロする経験をしたものだから、丸暗記は丸暗記で良い点があると信じてやろうと思うようになりました。

聞き流しはリラックスし、記憶しようとしない。でも単語は丸暗記する。どちらかを否定せずに楽しく気楽に両立させて英会話力をアップさせたいと思い始めました。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD