英語を英語で理解していた自分に驚く

受講開始から10ヵ月後。ようやく2度目のフリートーク(電話で外国人と英会話)に挑戦しました。

フリートークを続ければ自然と英語で話せる予感

2回目のフリートークは「悩むより、かけてしまおう、フリートーク」と、勢いだけでスタート。「give me your Customer number」といわれて「ゼロ キュー ゼロ」と答えそうになったぐらい英語の準備をせずにコールしました。

フリートークの始めは基本の英会話

フリートーク冒頭は互いの名前を確認し軽い挨拶から始まるようです。今回は「How are you,today?」と聞かれました。英会話の学習で最初に必ず学習する内容「How are you, today? I'm fine thank you. And you?」ってやつです。

しかし、その日の私はすごく疲れていて「I'm very tired」と正直に返事。「Oh!? Are you tired? Why?」と聞かれたので「とても忙しかったの。和歌山で●●をしていたから」と答えました。

「あらそうなの?和歌山にいるんだ。今日は何をしたい?」と言われたら、「疲れてるから何もしたくない。」と答える始末(笑。なんだか普通の会話です。

間違いに凹まず相手の言葉を繰り返す

ところで、「何もしない」を英語で言えますか?私は「Don't anything」を言いました。なんかしっくりこないけど、他に思いつかなかったのでテキトーに(笑。

すると「Oh,yes. Do nothing」と言いなおしてくれました。フリートークでは私の適当な英語を相手が理解すれば「Yes」と言ってくれます。その後で正しい英語を言ってくれて「~ってこと?」というふうに尋ねてくれます。

私はそのときの英語をを復唱し、意思疎通と英語レッスンが同時にできるようにしています。今回の場合だと「Yes. Do nothing.」と答えました。こうやって相手が口にした英語を真似することで間違った英文と正しい英文を入れ替えられたらな、と思っています。

英語を英語で理解できるようになってきた

2度目のフリートークでは自分の英語力アップに確かな手ごたえを掴みました。それは英語が英語のままで理解できていたこと。日本語訳が頭に浮かぶ前に返事が浮かぶんです。

私のこれまでの英会話の流れは、日本語訳が必ず間に入っていた気がします。

英会話時の思考順序

(1)から(4)の流れで英会話していました。でもスピードラーニング英語のゴールは(1)と(4)で英会話することですよね。リラックスして聞き流せというのはそういう事だと理解しています。

ところが今回の私は(2)なしで英会話できました。え、なにこれ?英語訳してないよ!と嬉しくなりました。

気が付いたら英語が口から流れ出た、などというスピードラーニング英語のコマーシャルコピー。どうやったらそうなるわけ?と冷ややかに思っていたのですが、これはいける!と思いました。

聞き流しをしながら気楽にシャドウイング。そしてフリートークで間違いを正してもらいながら自分も英語を話す。この3つだけでもやれば違う。そう思いました。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD