そういえば、8ヶ月も英語学習が続いたのは久しぶり

スピードラーニング英語を聞き始めて8ヶ月が過ぎました。

続かなかった昔と続いている今の違い

スピードラーニング英語を聞きながら英語を習得するには他に自分で何ができるんだろうなどと考えていたら、ふと「そういえば、8ヶ月も英語学習が続いたのは久しぶりだな」と思いました。

大学2回生で英語の必須単位をすべて取得して以降、自主学習はほとんどが1ヶ月程度しか続きませんでした。「ビックファットキャットの・・・」シリーズ、イングリッシュアドベンチャー、「チーズはどこへ行った」の英語版などなど、いろいろ買ったなぁ。

NHK英会話は確か、大杉先生というダンディーな声の先生がラジオ英会話を担当していた頃に1年ほど聞き続けた気がするんですよね。あれはいつだっただろう?もしかしたら学生の頃かもしれません。

CDブック「英語は絶対勉強するな」は止めてもしばらくするとまた再開する、を繰り返していました。つい最近も2年ほど前に仕事の車中で2ヶ月ほど聞いていたりしました。

最初の決意と教材にかける気持ち

今、英語学習が続いているのはもちろんスピードラーニング英語を聞いているからなんですが、一番効いているのは自分のやる気・決意だと思います。英語勉強に一番適した時期だった(タイミングの問題)とも言えます。

それとスピードラーニング英語を知って、教材のスタンスに納得して、利用しようと自分で決めたこと。「英語学習はこの教材を最後にしよう」という気持ちがあったからこのサイトも立ち上げたんですよね。

教材の評価はいろいろあるけれど、勉強するのは自分だし、教材は私がどう使うかでも効果が変わってくるはず。気持ちも含めて。

だから、スピードラーニング英語の聞き流しもただ聞き流すだけでなく、できるかぎり音を拾って自分で発音する(シャドウイング)。フリートークも利用する(こちらはまだ緊張して思うように進んでいない)。外国人と話す機会があればとにかく伝えたいことを表現してみる。英文も興味のあることだったら逃げずに読む努力をしてみるなどなど。

どうすればスピードラーニング英語の効率をあげて英語習得できるか、いまはそんなことも考えています。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD