サイトの管理人について

このサイトの管理人=スピードラーニング英語で本気で英語習得を目指している私のプロフィールです。

管理人の英語能力については、管理人の英語力・英会話能力 をご覧ください。

私の英語学習歴とスピードラーニング英語を選んだ理由

はじめまして。「スピードラーニング英語の効果を本気で試すぞ!」の管理人Ritty(リティ)です。

このサイトはなんとなく英会話学習するのに疲れた私が、「この教材を最後にしよう」と思って使い始めたスピードラーニング英語の感想を綴ったものです。

私は2010年時点で35歳、主婦。海外長期滞在経験なし、適当でも英語を話す気合は多少ある性格です。

スピードラーニング英語との出会い

私がスピードラーニング英語を知ったのは、仕事で参加した、スピードラーニング英語の広告について説明するイベントでした。そこでスピードラーニング英語のスタッフさんと知り合い、英会話の習得方法は何が正解なんだろう?という話をすごくたくさんしました。何を話したかは忘れましたが、私が思っていた英語学習のやり方と似ている教材があるんだなあ、と思ったことは覚えています。

その出会いがきっかけで、期間限定のアフィリエイトモニターとしてスピードラーニング英語を始めることになりました。アフィリエイトモニターとしての感想記事は>>ちいつもblog「スピードラーニング英語の感想記事 一覧」に掲載しています。第16巻まではエスプリラインさん負担で受講させていただきました。

モニター終了後も、私はスピードラーニングを受講し続けました。普通の受講生と同じです。つづけた理由は効果を実感していたからです。

海外旅行に行った時、私は英語が聞き取れました。教材で聞き流していた英会話と同じだったから!(笑。私はすごく嬉しくて、その後はフリートークなどにも電話するようになりました。

英語学習のピークは中学3年生でした

私は中学3年で英検3級を取得し、高校受験が終わるまで一生懸命英語学習しました。が、高校大学とほとんど英語勉強せず。大学受験がなかったのでそこでも英語学習はあまりしていません。大学の英語単位は英語が得意な友人の助けでクリア。評価は最低のC評価でした。

NHKラジオ英会話は1年ぐらい聞いていました。英語は絶対勉強するなのCDを数年間(間に休みあり)聞いていました。この教材は性に合っていて、それがスピードラーニング英語を選ぶきっかけになったともいえます。

英会話できるようになりたい、という執念はずっとありましたが、頑張りたくない、、、という気持ちも。

机に向かうきちっとした勉強は無理

英会話学習本は使うより買うもの、となりかけていました。映画や海外ドラマは恰好つけて字幕版をみるものの、いまひとつ。

スピードラーニング英語は視聴版CDの内容が面白かったので選びました。アメリカ人がどんなことをしているかやその発想とか、日本との違いを知るのが面白いんですよね。

また、暗記型の英語教材ではないから根気のない私でもメゲなさそうだし、聞き流しだけでいいという学習スタイルは細切れ時間しかない私でもできそうだと思いました。いつでも辞められるから気楽というのもあります。

一つだけ自分に課したこと

スピードラーニング英語は気楽に英会話学習できるから選びましたが、一つだけ自分に課したルールがあります。

これを最後の英会話教材にする

おかげでスピードラーニング英語に集中できて、書店の英会話教材売り場をうろつくことが減りました(笑。