リサイクル英中会話「基礎編」「旅行編」

リサイクル英中会話という中国語と英語と日本語が収録されている学習教材がエスプリラインから販売されています。

6ヶ月で中国語をマスターした方が中心となって作った教材で随所にオリジナルのこだわりがあります。

中国語→英語→日本語で中国語と英語に慣れる

リサイクル英中会話は小学校で学ぶ漢字1,006字と中学校で学ぶ英語1,200語で構成された中国語学習教材。

著者はあるとき、中国語の簡単な日常会話が小学漢字と中国常用語10個程度でできることに気づきます。その発見を元に、私たちが知っている小学漢字をリサイクルして中国語の日常会話を習得できるように製作した教材が「リサイクル英中会話」です。

「リサイクル英中会話」には中国語だけでなく英語も収録されています。中国語の次に英語(次に日本語)が流れます。聞き始めはすこし戸惑いましたが、英語は簡単なので、慣れてくると英語で中国語の意味がイメージできるようになります。英語が入っていることで単調にならない点も良いと感じました。

教材は「基礎編」「旅行編」がある

リサイクル英中会話には2種類の教材が販売されています。

リサイクル英中会話「基礎編」

「基礎編」はあいさつ、天気の話、名前や時間、曜日、値段の聞き方など、ごく簡単な日常会話を学びます。私が中国に旅行したときに露店の店員さんと話した単語がいくつも聞かれ、懐かしかったです。

教材はテキスト1冊とCD4枚。CDはそれぞれ別の内容が収録されています。

  • 会話CD・・・中国語、英語、日本語の順で会話が収録
  • 単語CD1・・・会話CDのトラック別に中国語のゆっくりめの発音と日本語が収録
  • 単語CD2・・・会話CDのトラック別の中国語発音・日本語のほか、母音・子音発音が収録
  • 著者インタビュー・・・著者の中国語学習動機の他、中国語の学習に必要なことがわかりやすく収録されています。テキストに書かれていることと重なるので最初にこのCDを聞いても良いと感じました。

テキストにはCDの内容だけでなく文化についての記述もあります。

「基礎編」のテキストの最大の特徴は(日本語の)漢字が使われていること。写真は上が「基礎編」下が「旅行編」です。「請」という文字が微妙に違いますよね。

行書のような文字が中国で使われている簡体語です。普通の中国語テキストは最初から中国語(簡体語)が書かれているのでリサイクル英中会話のテキストは珍しいと思います。ほとんど違和感なくテキストが読めるので親しみやすかったです。

日本語の漢字は著者の強いこだわりで採用されたそうです。リサイクル英中会話は中国語会話(≠読み方)の習得を目標としているので最初からイメージを掴むために日本語を使う!アイディアが斬新だし効果的だと感じました。

テキストには中国語学習方法や発音の基礎の解説も書かれてありました。

中国語習得の難しさはリスニングとスピーキング。
日本語では使わない発音があるし四声(しせい)という独特のリズムもあります。そのため基礎学習がすごく大事です。そこをテキストでもフォローしていると感じました。

中国語は子音・母音だけでなく四声(しせい)でも意味を使い分けます。例えば「母」「麻」「馬」「罵」は同じ「マ」と発音しますが四声は別々。四声で単語を言い分けます。この四声(しせい)が中国語学習独特の魅力だと思っています(音が流れるようで美しいんです)。

そういった基礎的かつ重要なこともテキストでは解説されているので、中国語を始めたばかりの人にも参考になると思いました。
(※「四声」の説明はテキストの最後の方に掲載されています。)

■詳しくはエスプリラインホームページ>> リサイクル英中会話

リサイクル英中会話「旅行編」

「旅行編」はリサイクル英中会話の実用編。機内でのやりとり、入国審査、ホテルでのやり取りなどが収録されています。

教材はテキスト1冊とCD4枚。CDはそれぞれ別の内容が収録されています。

  • 会話CD・・・中国語、英語、日本語の順で会話が収録
  • 単語CD1・・・会話CDのトラック別に中国語のゆっくりめの発音と日本語が収録
  • 単語CD2・・・会話CDのトラック別の中国語発音・日本語のほか、母音・子音発音が収録
  • 二胡BGM集CD

テキストは「基礎編」と違い中国語(簡体語)が使われています。簡体語の学習は「旅行編」からということですね。

レベル的には基礎編より難しく感じました。内容が教科書的(私の名前は・・・、出身は・・・)ではなく実用的だからですね。聞きなれていないため難しく感じたのだと思います。

実際に旅行に行くためにリサイクル英中会話を利用するなら実際のやり取りを繰り返し聞いて発声しておくのが近道。実用的な内容が収録されている「旅行編」まで聞きたいですね。

■詳しくはエスプリラインホームページ>> リサイクル英中会話

リスニングとスピーキングで音と漢字をつなげる

私は大学で中国語を第二外国語として学びました。2年間、週に数回程度の授業です。その時に四声(しせい)の練習は徹底的に行いました。

大学を卒業してからもう10年以上たちましたが、基礎編に登場する中国語をずいぶん覚えていることに自分でも驚きました。基礎レベルでは反復練習が効果的なんですね。

そして本当に基礎的な中国語会話は小学校の漢字で理解できるんですね。リサイクル英中会話「基礎編」でそう実感しました。

中国語の音を身につけると漢字でイメージが浮かびます。英語だとスペルはなかなか浮かびません。だから中国語は忘れにくいんですね。リサイクル英中会話製作者も「基礎編・著者インタビュー」CDで言っていっています。

リーディングは漢字の意味が先に理解できちゃうので中国語会話を身につけるには不向きかもしれません。とにかくCDを聞いて真似して発音してみる!これです。

初心者は最初の我慢がポイント

リサイクル英中会話「基礎編」を中国語初心者の夫に聞き流してもらいました。

漢字が得意なはずだけど中国語の「音」は「?」。音と漢字が結びつかずイメージもまったくわかないようです。初めてのときは私もそうでした。

だから中国語が初めての人は戸惑いがあるかもかもしれません。最初はちょっと我慢ですね(でも中国語の音律は楽しいです♪)。

単語CDを聞いて発音する。そしてテキストで漢字を確認して音と漢字を結びつける。意味は大抵わかるのでとにかく音です。

リサイクル英中会話には英語が収録されています。中国語と英語は語順(主語・述語・・・)が似ているため英語で中国語の内容がイメージできます。英語をマスターしていなくても、英語がたよりになるっていうのは嬉しいです。

リサイクル英中会話 価格など

2009年12月12日現在の価格です。セットは1,050円お安くなっています。

リサイクル英中会話「基礎編」9,870円(税込)
リサイクル英中会話「旅行編」9,870円(税込)
「基礎編」「旅行編」セット18,690円(税込)

代金のお支払いは代金引換(宅配配達員にお金を支払う方法)のみ。
送料は630円、代金引換手数料は無料です。

商品到着日から10日以内なら原則として返品できます。
汚損・損傷すると返品できないので注意です。

詳しくはエスプリラインホームページで>> リサイクル英中会話