最初は質問に答えることから(外国人スタッフとのフリートーク)

とうとう、外国人スタッフとのフリートークを体験しました!

緊張して、緊張して、終わったら、かなりの興奮状態です(笑。そのままの勢いで感想を書き留めておきたいと思います。

スタッフの質問に答えるだけでOKでした

スピードラーニング英語の受講生が毎月2回、無料利用できる「外国人スタッフとのフリートーク」。だけど、案外利用している人が少ないと聞いたので、思い切って、フリートークしてきました!

フリートークの始まりは同じ

ドッキドキでフリーダイヤル専用電話番号に電話。フリートークの最初の流れは、無料サポート(1) 外国人スタッフとのフリートークでまとめたとおりでした。

カンペ(カンニングペーパー)をもう一度ココにも書いておきますね。

staff : Hello. Espritline Support Center.
you : Hello.「Free Talk」( Listen&Repeart) please.
staff : Ok. Can I have your Customer number(お客様番号)?
you : Yes. Zero,nine,zero...

個人的には、いきなり「フリートーク、プリーズ」って言い出しにくくて、I'm ●●. Can I Free Talk? と言ったんですが、どうなんでしょうね。とりあえず、「OK」って言ってくれたし、その後には「Customer number」と聞こえたので、「My number is - 」と私のお客様番号を答えました。

外国人スタッフが質問してくれてホッとしました

お客様番号で私の名前を確認したら、スタッフの方がMy name is と名乗ってくれました。そしてフリートーク開始。

where do you live?
一番最初はたぶんそう聞かれました。

緊張のあまりwehre が聞き取れず、は?となりましたが(笑、そしたらゆっくりはっきりと言い直してくれました(最初は普通の英会話スピードでした)。で、I live in Wakayama. と返事してですね。おー、和歌山って遠いねー。出身地?とさらに会話がすすみ、出身地は京都なのと応えたら、なんで和歌山に住むことになったのー?と聞かれて、結婚したのーという展開だったと思います。

その間、私はあー、えー、んーーとか良いながら、思いつくまま必死で伝えようとしました。日本語の返事を英語に訳そうとしちゃうけど、どうせできないし、それだと英語脳が育たないから止めにして、とにかく単語単語で言いたい事を伝えようと必死。

スタッフの方は「OK、OK」と言ってくれて、どうにか伝わったみたい。

他にも「誰と住んでいますか?」とか「天気はどうですか?」などと聞かれました。英語教材の最初の方で出てくる、中学校で勉強したような話題ですよね。

でも応えられないんですよ、これが(笑。

言いたいことは伝わったみたいだし良いかー、と思いますけどね。それに外国人と会話すること自体ほとんどないんだから完璧じゃなくて当然♪ 子供が「何歳?」「2しゃい!」って会話を繰り返して憶えていくのと同じだから、私もこの"単語de会話"を繰り返して英会話を身につけていけば良いんだって!!

・・・そう、言い聞かせました。
(妙なプライドが邪魔をします(笑)

最後に、「今月はあと1回フリートークできるから、また電話してね!」といわれたので、「もちろんだよ!」と応えました。最初の1回という最もハードルの高い場面をクリアしたので、この熱の冷めないうちに、またフリートークに電話しようと思います。

焦らなくなろう、また電話しよう

私はかなり緊張していたので、慌て気味でした。「かっこ悪い自分に焦る」という悪循環がおこって、会話なんて二の次ーーー。
※たぶん、このページを見てくださっている方も、同じですよー(笑笑。

でも、この「かっこ悪い自分に焦る」ことを克服したいですね。焦る必要なんてないんだし。

緊張するのも恥ずかしいと思うのも嫌だけど、私はスピードラーニング英語で英語を習得しようと決めたので、今日はがんばりましたp(^-^)q 電話が終わったらあれこれ気にしない!自分は外国人と英会話したぞー!!ってプラス評価して、次にフリートークする日を手帳に書き込む。これですね。

ちなみになんていってよいかわからないときは、沈黙せずに相手が話した英語をそのままオウム返しする!が私のやり方です。沈黙するのは苦手なので^^

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD