英会話に日常的に触れている人の反応速度

英語圏の人たちと数日すごす機会がありました。そこで一緒にいた友人から「普段から英語に触れてるよね。反応速度でわかる。」と言われました。

成長は英会話を人に披露するとより実感できる

海外からの訪問者がとても多いホテルに旅行に行っていました。スタッフも大半が英語ばかりしゃべるので、否応なしに英語漬け。日本国内の話なので、ある意味ハプニングの英語漬け旅行でしたが、大きな発見がありました。

日本人の友人の前で下手な英会話を披露した成果

学生時代を徹底的な英会話・英文漬けで過ごしたという友人と一緒の旅行でした。私はヘンテコな間違った英文法で適当に英会話するレベルなので、正しい英語を意識する友人のそばでマイ英会話を披露するのは恥ずかしかったです。

でも語学力を理由に会話から逃げない、が私のスピードラーニング英語の受講理由。ここは引かずに英会話を披露(笑)しました。

するとしばらくしてから友人が言いました。

「(英会話や英語文化に対する)ボーダーがないよね。完璧な英語を、とか、え?と思う感じがない。だから(相手の発言に対する)反応が普通より早い。」

へー、と思いました。自分ではわからなかった事です。

「感情を伝えようとする姿勢が出てる。」とも言われました。

これも意識はしていないこと。でも思い当たる節がありました。昨年海外旅行で「伝えたいことを伝えよう」と思って現地の人に話しかけたことがきっかけで、現地の人に美味しいお店を教えてもらったりしたんですよね。

恥ずかしがらずトライすることが英会話のコツ!?

英会話学習をはじめても、いきなり上手に英会話できません。日本語もそうだったように赤ちゃんからはじめないといけない。

日本人の前で下手くそな英会話を披露するのは勇気のいることです。でも私は、今回の(予想外の)友人の言葉をうけて、外国人だろうと日本人だろうと、とにかく今の自分をさらけ出すことが大事だと感じました。

逆上がりの練習みたいなもので、何度も何度も失敗して、それでも最後にフッと足が宙を舞う瞬間を目指してトライする。英会話もこのやり方だ、と思いました。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD