英会話教材のテーマ選びも自分の好みを優先する

スピードラーニング英語の教材はいま手元に32巻まであります。32巻の中には面白いと感じる話題だけでなく、あまり興味のわかないものもあります。

興味のわかなかった巻は、そこそこ聞けばよしとする

昨日、教材内容 スピードラーニング英語の第19回を書きました。アメリカの独立記念日がテーマで、アメリカの歴史を詳しく取り上げた内容です。

私は中学生時代、歴史が苦手でした。高校では日本史も世界史も選択しなかったので、いまだに歴史が苦手です。それは英会話教材の歴史の話でも同じでした。

第19巻の教材で耳にしたアメリカの歴史は、とてもためになりました。あいまいだった独立戦争までの流れやボストンが歴史的意義のある地だと知ることができましたから。

でも、、、私が興味を持ち、すぐ記憶してしまう話や「フリーダムトレイル」「バッテリーパークシティ」「メーシーズ花火」などの観光の話題。hamburgerとburgerの違いまで気になるのに、歴史の話はその場限りだったんですよね。

他の教材を聞けばいいと思う

で、今日聞いたアメリカ独立記念日の教材は、歴史が多くて頭に入ってこなかったわ、と夫に話したところ、「じゃあ、もうその巻以外を聞けばいいんちゃう」と言いました。歴史好きの夫は、私が歴史に関心のないことをよく知っています(笑。

脳は楽しいことをより記憶する、と聞いたことがあります。ストレスは記憶を妨げる原因にもなるとか。

スピードラーニング英語は意識的に記憶する教材ではありませんが、自然と脳に記憶されやすい環境で教材を聞き流した方が良い気がしますね。

私は前から順番にマスターしないと、と思い込んでいたように思います。夫の一言で、「面白い、聞いてみたいと思った巻をどんどん聞いて」というアドバイスも思い出しました。

今日はまた別の巻を流してみたいと思います。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD