スピードラーニング英語の聞き流しと苦手周波数(パスバンド)の話

英語と日本語の周波数(パスバンド)の違いという話と私のスピードラーニング英語体験についてまとめてみました。

音として聞こえるということと、英語=言語として聞こえているかは別なんですね。勉強になります。

苦手周波数は雑音?言語として認識するには英会話シャワーが必要

スピードラーニング英語の聞き流し、マイペースにやってます。平日は車で家族を送る時間が聞き流しの固定時間。車だと自動的に英語が流れ始めるので、やっぱり楽ですね。

でもより意識的に聞いて自分で英文を口にする努力をしないと、ちょっとずつ英語力は落ちていくかも、と思っていたところ、うれしい気づきがありました。

英会話は音としては聞こえている。でも言語として認識できない。

スピードラーニング英語に限らず多くの英会話教材で「日本語と英語の周波数帯の違い」という話が出てきます。

パスバンドと呼ばれる声域が日本語は125~1500ヘルツぐらいですが、英語の子音は2,000~12,000ヘルツ(これはイギリス英語でアメリカ英語は1000~4000ヘルツという記述もありました)なので、高い周波数帯の英語は雑音に聞こえてしまうという話です。(※青柳武彦 「外国語が下手な日本人」

BPnetビズカレッジ「英語のヒアリング向上に、高周波音を聞き分ける訓練をする」でも

同書では各国の言語によって音声の主音域(パスバンド)が違うとし、日本語では1500ヘルツ以下だが、英語では2000ヘルツ以上だとしている。それが本当なら、日本語の聴き取り能力と英語の聴き取り能力では対応する音声周波数がまったく異なることになる。

と書かれています。

要するに
「聞きなれないパスバンドの音は、聞き取れるけれど、脳が言語だと認識しない」
ということみたい。子供のころに英語に触れておらず大人になってから英語教材を聞き始めた場合、聞きなれない声域の英会話は言語だと認識できないというわけです。

とすると、たくさん英単語を知っていても、英単語の知識と聞いている英会話の音を脳が結び付けられないということかもしれませんね。

繰り返し聞くことで言語として認識できるようになる

さきほど引用したBPnetビズカレッジ「英語のヒアリング向上に、高周波音を聞き分ける訓練をする」でも書かれてありますが、努力して英語を聞き続けることでなれない周波数の音を言語=英語として認識できるようになるそうです。スピードラーニング英語も同じ考えで聞き流しを勧めていると理解してよいでしょう。

私自身の実感でも、テレビなどで英語を聞いた時に脳裏に英単語がふわっと浮かぶ感覚になることが増えました。なまっていたりダラダラした話し方だと難しいのですが、たいていの英会話はそうやって英単語として意識できるようになっています。

そして不思議なことにスピードラーニング英語の聞き流しをサボっていても、英単語として意識できる点にはあまり変化はない気がします。

サボっていると、その英単語が何を意味するかイメージする力は落ちますので、継続した努力が必要なことは言うまでもありません。海外在住経験のある友人の多く(英検1級レベル)が「最近英語を聞いてないから聞かないと」とよく言っていたことを思い出します。

英語教材選びの最大のポイントは、ワクワク感や意志

スピードラーニング英語教材の理論は「英語を英語として認識し聞き取れるようになる」「たくさんの英語を聞けばその中から自分が話せる英語が徐々に増えていく」といったことのほか、「リラックスした状況がいちばん習得に効率的」というような教育論をもとにしているそうです。

ですので、どないやねん!と思っているときは始めないほうがよさげ。スピードラーニング英語、良さそうやなあ~と思ったときにとにかく100日間、グッとはまって聞くのがよいと改めて思っています。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD