スピードラーニング英語の教材の特長

スピードラーニング英語は「聞き流し」で良いという学習スタイルですが、教材には「聞き流し」で効果をあげるための工夫があります。

スピードラーニング英語の特長は8つ

スピードラーニング英語には8つの特長があると案内に書かれてありました。

  1. 聞き流すだけ
  2. 英語の後に日本語を収録
  3. 英語を英語で理解する回路ができる
  4. BGMのクラッシック音楽でリラックスして聞き流せる
  5. 英語のみを収録したCDもついている
  6. きれいな英語で話せるようになる
  7. 「ポン→英語→日本語」で英語を先にキャッチできる
  8. アメリカの文化がわかる話題、実用的な表現が満載

スピードラーニング英語は「聞く」ことから始める学習スタイル。人間が言葉を習得するプロセスは「聞く」ことが最初なので「聞き流すだけ」は当たり前。「英語を英語で理解する回路ができる」は英語学習の目的と関連しているので教材の特徴としてはふーんという感じでした。「きれいな英語で話せるようになる」もCDタイプだったら当然ですね。

いちばん知りたいのは、どうやって聞き流しの効率をあげて、早く英語を英語で理解する回路を作ってくれるのか。その工夫。

聞き流しで英語を英語で理解できる工夫(日本語の収録)

スピードラーニング英語には英語の後に日本語を収録(特徴2)したCDがあります。日本語が収録されているので予習や辞書を引かずに英文の意味をイメージできます。これなら、いきなり通勤電車内で学習を始められますね。

それと、日本語訳が直訳になっていないので、英文を直訳するクセを止めるための工夫かな、と感じています。

例えば、第2巻「旅行の英会話」に収録されている英文と日本語は、

「I also need to find a post office.」
それから、郵便局もさがしているんですが。

学校で習ってきたとおりに訳そうとすると、「私は郵便局も見つける必要があります」となるんでしょうか。だけどこの英文は主人公が銀行への道順を尋ねていて、その次に郵便局について尋ねたという流れがあります。

会話の流れとしては、also は「それから」というイメージで受け取るのが自然だから上記のような日本語が流れているんだと思います。

あくまで会話の流れやニュアンスを理解するための日本語なので、意図的にそう訳されているんだろうし、リアリティがあるので私は気に入ってます。

こういう日本語訳のつけ方が、英語を英語で理解する回路をつくる(特徴3)ための工夫だと思いました。

日本語収録CDの目的は、直訳と英文を記憶するのではなく、英文→状況把握、イメージをわかせること。「ポン」という効果音を英語の前に入れている(特徴7)のは、もっとも注目して欲しいのが英文だからだと思います。日本語はおまけという位置づけですね。

ちなみに、日本語CDの聞き方はルーズで良いみたい。サポートセンターの方に効果的な学習法を質問したとき、日本語CDは3回程度。状況がイメージできる程度でよいと言われたので、私はあまり細部にこだわらず聞くようにしています。

継続させるための工夫(アメリカの文化や習慣が盛り込まれている)

この記事は、スピードラーニング英語を始めてから7ヵ月後に書いています。正直、4ヶ月目を過ぎたあたりから中だるみし飽きてきました。

今度こそ、この教材を最後にして、英会話を習得する!という決意だったのにこの始末。これまでの挫折経験からも、続かないことを前提に勉強することがポイントだと開き直ってます。

スピードラーニング英語の教材は毎月違ったテーマの会話が収録されていて、アメリカの文化がわかる話題も入っています。例えば、第8巻ではパーティの話題が出てきて「招待状はいるの?」「何を着ていけばいいの?」「帰り方は?」などの疑問を主人公が米国人に尋ねる形式になっています。これって日本人同士でも話題になりますよね。「どうしよー」ってネット検索しがちな話題です(笑。

こういった知りたかったアメリカの文化が会話に入っていると、海外の暮らしに対する好奇心が刺激されモチベーションが少し復活します。仕事などで必要に迫られてという場合なら、海外に行ったときの不安が解消することがモチベーションにつながるかもしれませんね。

(※一度興味が離れるとモチベーションが回復しない場合も多いです。その場合は受講を中止することができるので、中止(教材送付を停止してもらう)するのもありだと思います。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD