1年でTOEIC100点アップは難しいという話

先日、今年はTOEICで100点アップを目標にすると書きました。そしたら今朝、「1年で100点アップすることはとても難しい」という話を読みまして。。。

もっと英会話&英語だらけにならないと!!

大人になったら自分のやってることを厳しく指摘されることはないですね。勤務先で叱咤される場合や習い事で指摘される場合はともかく、友人でさえ、なかなか本当のことは言いづらいものです。

で、TOEICの話ですが、今朝、偶然目にした方の言葉に以下のような記述がありました。

430点から10カ月で795点になった人の話

2009年4月、勉強開始前に受けたTOEICの点数は430点。読解はほぼ勘で回答、リスニングは全く聞き取れなかった状態でしたが、繰り返し勉強した結果、10ヶ月後は795点を獲得。一年で100点UPが難しいといわれるTOEICの世界で365点のUPはなかなかの快挙です(ただ最初がかなりロースコアなので伸び幅も大きい)。
(※連載コラム「Where there is a will, there is a way.~意志あるところに道は開ける~」9/毎日留学ナビ・グローバルキャリア塾

著者は私とほぼ同じ430点から10か月後に795点を取ったとの事。この文章だけなら「へー、10か月で倍にできるんだぁ」夢と現実を混同しそうですが、現実はいばらの道です。

というのも著者は毎朝4時半に起きて家族が起き出す前の2-3時間を英語学習に当て、またお料理やお掃除などの家事の時間は英語を効き続けひたすらシャドウイングしたというのです。

あ、あさのよじはんっ!!

仮にも「英語を習得するぞ!」と看板を挙げているんだから「私もがんばります!!」というべきかもしれませんが、そこはアラフォー。自分を知っていますので、一瞬で逃げ出したくなりました(笑。

100点は通過点、私の英語学習の目的は...

もちろん私の目標は100点プラスなので著者と同じようにしなければとは思わなかったのですが「一年で100点UPが難しいといわれる」との言葉が目にこびりつきました。そうだ、私は3年スピードラーニング英語を聞いていて点数が変わらなかったのだから10点だって難しいんだ。

いつだって、何かを達成するためには現状分析が大事。このタイミングで自分の目標の高さを自覚できて良かったと思うことにしました。

それと100点アップは私にとって経過点。その先の「英語で外国人に道案内する」という英語学習の目的をしっかり心に抱いて頑張ろうと思いました。

具体的には、可能な限りスピードラーニング英語を聞いてシャドウイングすること、教材もしくは海外のウェブサイトを読むこと。

よしっ。

スピードラーニング英語の教材の詳細やサンプル請求はこちら
スピードラーニング英語 10日間無料視聴CD